HOME>オススメ情報>間違いない青汁の選び方<飲み続けやすいものを見極める方法>

間違いない青汁の選び方<飲み続けやすいものを見極める方法>

ウーマン

栄養価損失が少ないタイプだと健康効果が高い!

健康のために活用できる飲料として有名な青汁は、以前よりも種類が増えたので正しい選び方を知っておく必要があります。昔と比べるとだいぶ飲みやすい仕様に変わってきていますが、あまりにも苦いタイプを選ぶと長続きしません。飲みやすさを重視しつつ、栄養価の損失が少ないタイプの青汁を選ぶことが大切と言われています。低温乾燥製法で作られた青汁であれば、ビタミンや酵素などの栄養の損失が少ないので、商品の生産方法をチェックしてから購入しましょう。その他にもフリーズドライ製法と呼ばれている、冷凍技術で乾燥させる生産方法で作られたタイプは損失が少ないようです。生産方法や販売されている形状が非常に多いので、青汁は奥が深い健康飲料と言えるでしょう。

女性

甘味料や合成添加物など余計な成分が含まれていないか調べよう

青汁を生産する食品メーカーによっては、誰でも気軽に飲めるように甘味料や合成添加物を配合し、ジュースタイプで販売している所もあります。もちろん、そのような製品が悪いわけではありませんが、健康に良い成分に影響が出る場合があるので、配合されているか予め確認しておいた方がいいでしょう。甘味料が多く含まれている青汁を飲み過ぎると、肥満や生活習慣病になってしまう可能性が高くなります。飲みやすさを求めて適度な量を摂取するのであれば問題ありませんが、健康に良い上に美味しいとなると、制御が利かなくなってしまう方もいるでしょう。甘味料や合成添加物が使用されていなくても、今は飲み続けられるタイプが販売されているので、なるべく避けるようにして下さい。