HOME>オススメ情報>青汁には副作用も出る?その理由を徹底解説

青汁には副作用も出る?その理由を徹底解説

女性

何が原因で副作用を引き起こすの?

青汁は野菜不足解消や健康増進に効果が期待できる健康食品と言われていますが、場合によっては副作用を起こすケースもあります。何が原因で副作用を引き起こすのかというと、青汁の原材料に多く含まれる食物繊維や脂溶性のビタミンです。大麦若葉などの主原料に含まれる食物繊維の摂り過ぎによって、下痢や便秘、胃の不快感などの症状が現れる事もあります。また、ビタミンAやビタミンEといった脂溶性のビタミンも青汁は多く含まれており、これらが引き金となり副作用を起こすケースもあるようです。脂溶性ビタミンは体の中に溜まっていくビタミンで、摂りすぎると食欲不振や頭痛、疲れなどを感じる事があります。青汁を健康維持などの目的で飲むという場合は、このような副作用があるという事も覚えておいて損は無いでしょう。

野菜と飲み物

副作用を引き起こさないためにも正しい飲み方を知っておこう

正しい服用方法を守らないと、青汁が引き金となり副作用を起こしてしまう危険性もあるので注意しましょう。まず、1日に決められている量以上に、服用しないという基本的な服用方法を守る事が、副作用を起こさない事に繋がります。青汁で起こる副作用の多くは過剰摂取によるものなので、決められた量以上に服用しないという事が副作用のリスクを下げるのです。食物繊維を多く含んでいる健康食品ですので、体質によっては規定量でもお腹が緩くなってしまう恐れもあります。規定量を服用するとお腹が緩くなるという場合は、少し減らすなどして自分の体質に合った量を飲むようにしましょう。健康食品ですので飲むタイミングは決められていませんが、胃腸が弱い方は食後に飲むようにすれば負担をかけません。